浜松・磐田 木造住宅 木の住まい 天竜材 天竜杉

渋谷建築
渋谷建築のブログ

渋谷建築のブログ Blog

今年最後の与作ツアー2017.12.22(金)

今年もあとわずかとなりました。今日は一年で一番日照時間が短い冬至となります。     月の暦では18日が新月でしたのでこれから上弦~満月となっていきます。

先日17日の日曜日に今年最後の月齢伐採体験与作ツアーが行われました。          天竜区水窪町は朝9時の時点での気温が1度でした。車から降りて「寒い寒い」と言っていた私に「今日は風もなくていい日になったね」と笑顔で挨拶をしてくれた現地スタッフ。      「えー寒いよ(^_^;)」と私。こんなに違うものかと思いました。

寒い中多くの方にご参加いただきました。ありがとうございます。

現場移動手前の水窪ダムで昼食休憩と月齢伐採のレクチャーを行いました。なぜ新月期に伐採をするとよいのか、月の暦とその他作物との関係、月と太陽と地球の動きなど月の暦表を使用して皆さんに参加していただいて説明させていただきました。

昼食は水窪町にある「つぶ食 いしもと」さんの料理をケータリングしていただき現地スタッフが作ってくれた地元産のしいたけと大根の味噌汁をいただきました。とてもおいしかったのでこれで満足してしまいそうでしたが…(^_^;) ここからが本番です。

車から降りて数キロ歩いたところに伐採現場はあります。山道で舗装もされていない中、皆さん頑張って歩いていただきました。(私は機材を運ぶため軽自動車での移動)

ベテランの木こりさんが補助をしていただく中、大人から小さなお子さんまでチェンソーを入れていただき、寝かせた木を玉切りする作業もありました。

別の班では間伐する木を手作業で伐採していました。                     山での作業に興味を持っていただき林業が住まいを造る大きな役割を担っていることをご理解いただけたのではないかと思います。それ以上にみなさんの笑顔が私たちにとってうれしいものでした。

森林での体験作業に思いのほか時間を割いたため製材所の見学が少しになってしまいましたが鉋屑や丸太のバームクーヘンを持ち帰ったり、ヒノキのまな板を購入したり、皆さんいろんな形で楽しんでいました。

住まいづくりに直接的につながらなくても、森林は皆様の暮らしにつながっていることを知っていただくために地道に活動していきます。                      ご参加していただいた皆様に心から御礼申し上げます。

月齢伐採の木で建てた住まいをご覧になりたい方は…                   渋谷建築のHPもしくは天竜TSドライ協同組合のHPまたは天竜TS匠の会のHPからお問い合わせください。

帰りのお土産で地元産のしいたけと(すぐ食べちゃっいました)「入浴用杉チップ 杉ぽか」をいただきました。杉ぽかを試してみるとほんのり杉の香りがして気持ちよかったです。    こちらも天竜TSドライ協同組合でお試しできます。                    (※効能を保証するものではありません。お楽しみいただく程度のものです。       変調に気づきましたらご使用を控えてくださいませ。)

残り少なくなりました2017年、皆様におきましては気を付けてお過ごしいただきますようお願い申し上げます。今年も与作ツアーにかかわっていただいたすべての方々に心より感謝します。ありがとうございました。

 

霜月2017.11.23(木)

長雨に悩まされた10月が終わり、冬将軍が舞い降りてきた霜月。

我が家はたまらず火入れしました。

薪割りの苦労も暖かさと炎の揺らぎ効果ですべて忘れられる気がします。

コーヒー好きな私たち(私,妻,次男)はストーブの上に常にやかんを置い直ぐに入れられるようにしています。

中区向宿の焙煎屋さんとか浜北区のGreen Coffeeさんで豆を購入してドリップして頂きます。我が家で一番のぜいたくであります。

最近次男が覚えてくれて美味しく頂けるようになりました。

薪ストーブも8シーズン目となりました。寒い季節にはコーヒーを飲みに来ながら体感しに来てください(^^)

告知です先月は雨の為体験できませんでした与作ツアー、12月16日にまた行います。

東京からもバスで来られる方もいらっしゃいます。お家を検討されている方もそうでない方も是非体験しに来てください。あなたの中の何かが変わるかもしれません。(^^)

こちらのご案内も参照にしてください

住まいに関する補助金

住宅ストック循環支援事業                                             浜松市耐震補強工事木造住宅耐震補強助成事業               浜松市家族支え合い支援事業                        しずおか木の家推進事業

お気軽にお問い合わせください。

日常のブログはこちらにあります。是非ご覧下さい。

与作ツアー2017.10.17(火)

10月14日 下弦から新月に向かうこの日、伐採体験与作ツアーを開催致しました。         しかし残念ながらあいにくの天気で伐採作業体験は中止という結果になってしまいました。

参加してくださった皆様は月齢伐採のレクチャーを受けた後、製材所の作業風景を見学したり、天然乾燥のストックヤードで材料についての説明を受けたり、お箸づくりやふみ台の組み立てを行う木工体験をして楽しんでいただきました。                   関東から来るお客様も多く、月齢伐採、天然乾燥を行っている天竜の杉、桧に対する関心の高さを感じました。

熱心に月齢伐採や天然乾燥について質問される様子が見受けられました。

雨が弱まったところで水窪町山中にある伐採現場を見学しました。葉枯らし乾燥がされている現場と丸太を運び出す架線、架線を支える機械など普段見られないものまで説明をされていました。参加した皆様も山における林業の大切さにうなづかれておりました。

道中の水窪ダム。景色がマンガ日本昔話みたいでした。

お箸づくり。おじ様たちが一生懸命削っておりますが手前に居る男の子が思いのほかハマっていて自分用のお箸と箸置きを作成して喜んで持って帰りました。

帰りには職員の方が育てていたレタスと白菜の苗や近くで取れた栗やアケビの実などをくださいました。                                                                       こうしたイベントを開催できるのは職員の皆様のご協力があるからこそです。               温かい人情に本当に癒されます。                               今回私も参加させて頂いたことで原点回帰した気持ちになりました。

参加して頂いた皆様をはじめご協力いただいた皆様には本当に感謝いたします。        12月にも行いますので是非ご参加ください。

月の暦2017.9.21(木)

日中はまだまだ暑い日がありますが、暦の上では秋です。

月の暦では伐採もはじまっております。

建築資材となる前の生きた木の伐採を体感できるのはなかなかあることではありません。

なぜ、月齢伐採をするのか?何が違うのか?私たちの住まいや住まい方にどういう影響があるのか?を知ることができます。

残念ながら、国産材の構造材についても様々な見解や誤解もあることも事実です。

住宅の快適性能を数値化することは当たり前となっていますが、反面構造材そのものは軽視されている気もします。

同じ寸面なら集成材も天然乾燥材も一緒なのか?もうちょっと構造材に目を向けていただきたい思いがあります。

建築に携わる私たちと山に携わっていく林業家の方たちの思いがここにはあります。

是非ご参加ください。

製材されて出荷を待つ建築材も見ることができます。製材までの工程はこちらをご覧ください。

こちらのご案内も参照にしてください

住まいに関する補助金も多数あります。

住宅ストック循環支援事業                                             浜松市耐震補強工事木造住宅耐震補強助成事業               浜松市家族支え合い支援事業                        しずおか木の家推進事業

お気軽にお問い合わせください。

日常のブログはこちらにあります。是非ご覧下さい。

ついに完成。2017.8.18(金)

遊び心のある家もついに完成を迎えました。お施主様でもある若手の大工さん頑張りました。

引越しの都合などもあり見学会などを開くことができませんでしたが、日程を調整の上見せていただくことは可能です。お気軽にお問い合わせください。

都田町のLDK改装工事も完成となりました。住みながらの状況でしたのでお施主様には暑い中ご不便をおかけしましたが大変喜んでいただきました。

before  →after              →                        →   

住まいに関する補助金も多数あります。

住宅ストック循環支援事業                                             浜松市耐震補強工事木造住宅耐震補強助成事業               浜松市家族支え合い支援事業                        しずおか木の家推進事業

お気軽にお問い合わせください。

日常のブログはこちらにあります。是非ご覧下さい。

上へ戻る